スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.12 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

レディセーラー16'S/S ワンピースtype2

こんにちは。スタッフのSです。
春先の淡い花が枝から零れ、鮮やかな花や新緑が芽吹く姿を見ると、
木々花々も衣替えをしているようだと感じます。

今日はレディセーラー16'S/S ワンピースtype2のご紹介です。

レディセーラーシリーズのワンピースは2種類ご用意いたしました。
こちらは可愛らしさと上品さを感じる夏のワンピースです。

314_444_front03.jpg

程好く開いた襟元は涼しげで、女性らしいラインを描きます。
白いストライプを含んだブラックの布は夏の黒の印象で、
上質な布の雰囲気とあいまって爽やかです。

314_444_back06.jpg

ブラックは襟と袖の白いブレードがアクセントになり、
ウェストリボンが後姿を可愛らしく演出します。
お袖はブラックとネイビーには白高瀬貝ボタン、
ホワイトには黒高瀬貝ボタンをあしらい、
スナップ着脱にしてありますので、お召しいただく時に快適です。

314_444_model01.jpg


※画像加工によるネイビーカラーイメージ

9号着用写真、モデルの身長は162cmです。
同シリーズのカチューシャとのコーディネート。

ストライプが可愛らしいカラーとパフスリーブを、
シャープな印象に引き締めながら、スカートの広がりを主張します。
ホワイトはより清楚で甘い雰囲気に、
ネイビーは涼やかで凛としたイメージにお召しいただけます。

Sがこのワンピースを着るなら、
襟が付いているのでちょっとしたお食事にも活用します。
きっちりしたい時には華奢なネックレスを付け、
パニエをいれずパンプスを合わせます。
可愛らしく着たいときはコサージュの付いたチョーカーを首元に、
パニエを入れてストラップシューズやサンダルを。

高品質と見た目で分かる質感の素材、夏らしい雰囲気、
衿とお袖がついた品の良いデザインなので、幅広い場で着こなしたいです。

レディセーラー16'S/S ワンピースtype1

こんにちは。スタッフのSです。
昨夜の地震から一夜。余震が続く中、皆様のご無事を願います。

レディレディセーラー16'S/S ワンピースtype1の紹介です。
夏らしいマリンテイストのレディセーラーシリーズは
ワンピースtype1、2、サンドレスの3型をご用意いたしました。
お色はマリンテイストを引き立てるネイビー、
清楚なホワイト、ノーブルなブラックです。

314_444_front04.jpg

ワンピースtype1は前開きのシャツワンピースです。
付属のリボンはオーガンジー、軽さと透け感が涼しげです。

314_444_model02.jpg

このワンピースは一枚は勿論、
前ボタンを開けての着こなしも楽しんでいただけます。
写真はコーディネートアイテムのボウタイ(別売)と
ペチコートを組み合わせたコーディネートです。

314_444_side04.jpg

314_444_back01.jpg

後ろ姿はセーラーの特徴の四角いカラーと、
スッキリしたシルエットが印象的です。

314_444_model03.jpg

お色によってイメージがぐっと変ります。白はとても清楚な印象です。
共布のベレー帽に白いリボンタイ、白いレースのペチコート、
夏らしく涼やかにコーディネートをしてみました。
一枚でさらりとお召しいただいても、
他のアイテムを足しても、いろいろな雰囲気に楽しんでいただけます。

314_444_detail01.jpg

襟元には繊細なブレード。ボタンは個性的な四角の貝ボタンをあしらいました。
お袖口はスナップの上に貝ボタンを飾った着脱のしやすい仕様です。

Sがレディセーラーの布を触った感想は、肌さわりが良いの一言です。
超長綿という上質の糸で織られた素材は軽く薄いので見た目にも涼しく、
お召しいただいても涼しい着心地です。
夏の白い洋服は下着写りを心配しますが、
この生地は目が詰まっていて透けにくい印象です。
淡い色のものを選んでご着用いただければ、
ホワイトでもさらりと一枚でお召しいただけます。

Sがこのワンピースを着るなら白を選びます。
夏場はスリップの上に一枚で着ます。
サンダルを合わせ、夏らしいストロー素材のバッグを用意して、
共布の帽子も良いのですがカンカン帽を合わせたいです。

レディセーラー16'S/S サンドレス

こんにちは。スタッフのSです。
雨が降るたび木々が茂り、吹く風の印象も肌寒さから爽やかさと変りつつあります。


レディセーラー16'S/S サンドレスの紹介です。
大人の女性のためのセーラーとしてのこのシリーズは、
上質な生地を使い、襟と後姿に個性があります。

314_444_front03.jpg

サンドレスは開放的な襟元にブレードをあしらった襟があり、
肘とウェストの間から見えるバックリボンが印象的です。

314_444_back01.jpg

このサンドレスの特徴は後に二つ並ぶリボンです。
夏らしいシンプルなシルエットの中でも、可愛らしさを大切にしました。
シリーズの他のアイテムより少し丈が長く、レディライクな印象です。

314_444_side05.jpg

後リボンが中心ではなくバックサイドに二つ結ぶ形ですので、
後姿や横姿は勿論、少し斜め前からもちらりと見えます。

314_444_model.jpg
9号着用写真、モデル身長162cm。
同シリーズブラックのカチューシャと、私物のボレロを合わせました。

Sがこのサンドレスを着た感想は、ワンピースより大人っぽい印象でした。
スカート丈の長さと、スクエアの襟元が理由のようです。

Sが着るなら、真夏はレース素材のボレロを合わせ、サンダルを。
初夏はボレロを合わせ、
赤や青といった原色のネックレスやパンプスと組み合わせ、
変化を楽しみたいと考えています。

さらりと心地良い肌さわりの素材で仕立てたレディセーラーシリーズは、
訪れる夏の日を快適に可愛らしく演出してくれそうです。
ご予約は21日(木)A.M.10:00までとなっております。
ぜひご検討ください。

ファルファッレJSK 16'S/S

こんばんは。スタッフのSでございます。
寒の戻りも和らぎ、花を育てるような雨が上がれば暖かくなるという予報に、
桜の開花を心待ちにしています。

今日はファルファッレJSK 16'S/Sのご紹介です。

315_front_01.jpg

透け感のある軽い綿ローンは張り感があり、通気性とファッション性を持っています。

315_frontup_03.jpg

ファルファッレJSKは一見シンプルながら、
胸元に繊細なギャザーを入れ、フリルを重ねてセンシティブな華やぎを持たせたデザイン。

315_ribbonup_01.jpg

一番のポイント、スカートサイドのリボンは布地の特性を生かし、
立体的にもぺったんこにも結んでいただけます。
気分やシーンに合わせてふんわりふくらませても、
スカートのラインに沿わせ、あっさりとした雰囲気にしても、
その日の気分でお楽しみいただけます。

315_frontside_01.jpg

別付のサッシュベルトとリボンブローチでも表情が変わるので、
色々とコーディネートをしてみてくださいね。

315_front_detail_01.jpg

綿ローン特有の品の良い透け感を生かすため、上半身のみ裏地をつけています。
盛夏はボレロなどと合わせてサンドレス風にお召しいただくのもおススメです。
一枚仕立てのスカートは光の加減で絶妙な透け感が生まれます。
同色のペチコートを合わせてお召しいただくのはもちろん、
色の違うペチコートを入れ、ワザとレースなどを透かせてみせるのもステキです。
うすい生地を重ねる柔らかな肌触りの良さと爽やかさは、
これからの季節ならではの楽しみのひとつと捉えています。

Sがサンプルを手に取ったところ、
アフタヌーンドレスと同じ綿ローンのこの生地は軽く、張りがあり、
夏の季節にもかろやかに着られそうだと思いました。
初夏には薄手のブラウスにカーディガンを羽織り、
日差しが強くなる頃には一枚でストールやボレロを重ねて。
季節が変り、まだ暑さの残る初秋になれば、
オータムカラーの小物を合わせて涼しく秋らしく過ごしたいと考えています。

アフタヌーンドレス

こんにちは。スタッフのSでございます。
一日長い二月から三月へ、桜月という三月の異名に淡いピンクを思い浮かべました。

本日はアフタヌーンドレスのご紹介をいたします。
今期は昨年に引き続き、無地はブラックと新色のアクアマリン(共に80番手綿ローン)、
色とりどりの花が重なり合うボタニカルアートプリントでのご案内です。

315_front_01.jpg

315_whitebustup_03.jpg

夏らしく涼しげな印象のボタニカルアートプリントはネイビーとホワイトの2色、
それぞれ夜と昼を思わせる色合いです。
紫陽花、ライラック、野薔薇、ヒヤシンスなど、
花の咲きみだれる庭園を想像させる花にはプリントとしては珍しいものも見られます。

315_whitebustup_01.jpg

315_frontside_01.jpg

肌触りの良い薄手の布地でありながら、
細い糸で密に織られた生地は透け感が少なく、
一枚で着用というならば、ボタニカルアートプリントをお勧めいたします。

315_blackfront_01.jpg

こちらは無地ブラック(80番手綿ローン)です。
こちらは綿ローン特有のやわらかで品の良い透け感があり、
薄手のペチコートを重ねた着こなしで軽やかさと涼やかさを演出してお楽しみいただけます。
透け感を生かし、レースのペチコートをワザと透かしみせるコーディネートも素敵です。
ボタニカルアートプリント、無地綿ローン共に肌触りの良い、上質の綿素材を使用しています。
質の良い天然素材は美しさはもちろん、着心地も良く春夏のお洒落を彩ってくれます。

315_white_skirtup_01.jpg

花柄の生地はほんのりとした透け感で一枚での着用も可能です。
日差しに影が透ける程度の薄さの生地は光が透ける時、
まるで幻灯機で映写されたような儚げな美しさを見せてくれます。
繊細な色遣いで描かれた透明感ある仕上がりのプリントは屋内にいても、
目を惹くあざやかさと華やかさを感じさせます。

315_tome.jpg

ウエストのシャーリングゴムはアジャスターで簡単に調整をしていただけます。
お家でお洗濯が可能な素材なのも嬉しい。
お届け時にはお洗濯のしおりを同封させていただきます。

315_white_skirtup_02.jpg

315_skirt_02.jpg

315_skirt_01.jpg

Sが生地を触ったところ、どちらも柔らかく肌触りの良いものでした。
無地綿ローンはとても繊細な肌触り。
ボタニカルアートプリントはつるりと心地良い肌触りで、
どちらも、もう少し触っていたいと思うような心地良さでした。

350_whitefront_01.jpg

315_frontup_02.jpg

315_blackfront_02.jpg
少しシャーリングを絞って、ウエストをしっかりマークしてみました。
アジャスター内臓なので調整も簡単です。


ゆったりと着て涼を得る作りのこのワンピース、
ボレロやストールと合わせて一枚で着るのもステキですが、
薄手のブラウスを中に着込んだコーディネートも可能だと思って見ています。
また私が実際に試したのですが、
コルセットを着用してジャストフィットにシャーリングを絞って着用すると、
更にエレガントな着こなしとなります。
基本的には夏のものですので、
コルセットの着用は春や秋にブラウスとのコーディネートを想定してのものですが、
暦よりも肌寒さを感じられる日には良いと思っています。

315_frontside_01.jpg

ご予約期間は3月8日A.M.10:00までとなっております。
大変申し訳ないのですが生地に限りがございます。
万が一の場合は先着順での受付となりますことをご了承ください。

 

タータンチェックのワンピース 15'-16' A/W

こんにちは。スタッフのSです。
曇り空の続く中、今週半ばからぐっと冬らしい気候になると聞いてコートの準備をしつつ、
まだ黄緑の銀杏の葉を見ると、そろそろですよと声を掛けたくなる毎日です。
道によっては黄色い葉が蝶のように舞いながら散っていきます。

タータンチェックのワンピースの紹介です。
柔らかいさわり心地と厚みが冬らしい風合いのワンピースです。

front_290.jpg
タータンチェックに丸い襟、白いレースと清楚な可愛らしさに
袖はしっかりとしたカフスで甘くなり過ぎない洋服です。

side_bias.jpg
見る角度によって柄の角度が異なり、特に人目に触れる横や斜めに
豊かな表情を持つ柄袷となっています。
back_01.jpg
ウェストのリボンは両面の別珍です。結び易く、暖か味のある素材です。
襟は正方形の柄ではないため、左右の柄の高さに差が出ます。

front_red_290.jpg
こちらはガーネット。落ち着いた色合いですが、装うと可愛らしい印象で、
グレーの方がモダンで大人っぽい雰囲気です。




Sがタータンチェックワンピースを試着した感想です。

初め、大人っぽい印象のガーネットを試着したのですが予想より可愛らしく、
次にグレーを試着すると、トルソーが来ている印象と違い大人っぽく感じました。

たっぷりとしたスカートはパニエを入れなくても幾筋ものフレアになり
そのままでも華やかな印象でした。

ウェストのリボンはショートジャケットでも隠れる高さなので通勤には着られそうですが、
襟が可愛らしいのでジャケットを脱ぐのであれば、着用できるオフィスは限られると感じました。

クリスマスやお茶会が多くなる時期にクラシックな柄と形は
コートにもケープにも合わせやすいと思います。
私が着るなら普段使いには、ロゼットやカジュアルなブローチと帽子にブーツを合わせてカジュアルに、
パーティーであれば、ネックレスや華やかなブローチとカチューシャやヘッドドレスにパンプスを合わせて
ドレッシーにコーディネートしようかと考えました。
とても冬を楽しめるワンピースだと思います。
 

ウールシルクとシルクリボンのジャンパースカート

こんにちは、スタッフのSでございます。
日々近付く冬の足音に、手袋、マフラー、上着とアイテムが増える中で、
意外な組み合わせが発見できたときは鏡の前で喜んでいます。

ウールシルクとシルクリボンのジャンパースカートの紹介です。

front_01.jpg

ウールとシルクが織り込まれたジャンパースカートの特徴は上品な光沢です。
サテンやシャンタンとは違った、抑えた艶が光の加減で表情を見せます。
シルク独特の、はっとするような風合いは洋服へのこだわりを静かに主張します。

350_ribbon.jpg

上質の服地にシルク100パーセントのリボン。真っ黒だからこそ、質が際立ちます。
絹を贅沢に遊び心を織り交ぜた個性的なリボンが華を添えます。
取り外し可能なリボンブローチは、場所を変えたり、
コーディネートアイテムに付け替えて楽しんでいただけます。

350_coordinate.jpg

こちらは胸元のリボンブローチをはずし、リボンタイブラウスを合わせたコーディネート例です。
シンプルな組み合わせが着る人の個性を引き立てます。


Sがウールシルクとシルクリボンのジャンパースカートを試着をした感想です。

このジャンパースカートを試着して感じたことは見た目より生地が軽いという事です。
存在感のある生地なのに軽く、暖かさもあり快適な着心地でした。

トルソーに着せていると感じないのですが、着用して歩くと動くたびにできるドレープに
上品な光沢が動いて見え、遠目から目立つのではなく、すれ違いざまに振り返るような存在感です。

私ならシンプルなブラウスやニットをインに、
スーツ用ジャケットを組み合わせてオフィスライクに。
リボンは就業時は取り外し、通勤時にアウターの襟元につけるなどして楽しみます。
形がシンプルなので、就業時にカーディガンを羽織っても馴染むと予想しています。

光沢は上品なので、カットソーやニット素材をインにしてニットのアウターを組み合わせれば、
可愛らしい雰囲気になり普段使いにも着られると感じました。
大判のチェックのストールとブーツといった組み合わせも
ショッピングモールからお洒落なカフェまで対応できそうです。
アンゴラやカシミヤを組み合わせればお出かけ着になります。

お茶会へ着ていく時にはレースをたっぷりあしらったブラウスにパールのネックレス、
コサージュなどを組み合わせて、レースや柄の入ったタイツを合わせて華やかに組み合わせます。

組み合わせによって豪華にも可愛らしくも変化する着回しのできる一着だと思いました。

シスターワンピース

こんにちは、スタッフのSでございます。

雨が降るたび冬の気配が感じられる毎日になりました。
木々を彩る紅葉や銀杏が、足元に鮮やかな絨毯を敷く様子を見ながら
冬支度を始めようかと考えています。

本日は毎シーズンご好評をいただいているシスターワンピースのご紹介です。
シスターワンピース、今期はミディアム、ロングと丈の展開がございます。

このワンピースはスタンドカラーと長いカフスがストイックな特徴を持ちながら、
胸元のレースやたっぷりと生地を使用したふくらみのあるお袖が
女性らしさも感じさせるアイテムです。

 350_front.jpg

こちらはミディアム丈、ネイビーです。
身長が158cmくらいの方で膝下の丈に、
163cmくらいの方で膝に掛かるくらいの丈になります。
上品な印象のミディアム丈は、
可愛らしさと大人らしい雰囲気が共存し、暖かさもあります。

350_front.jpg
こちらはロング丈、お色はグレーです。
身長158cmくらいの方でくるぶしが見えるくらい、
身長163cmくらいの方でくるぶしの上10cmほどの丈になります。
足がほぼ隠れるロング丈のワンピースは、
動くたびに布が大きく動きエレガントな雰囲気を演出します。

350_lace.jpg

襟元は白い布の上に重ねたレースと、
縁取りのケミカルレースが華やかな雰囲気です。
胸元へのブローチやネックレス、コサージュ使いが映えます。

350_backbias.jpg
後姿もシェイプされたウェストラインから流れるラインが凛とした印象です。
カフスに連なるパールのボタンは、
後姿や腕を上げた時に見える場所にありますので、
さりげない仕草に華やぎを添えます。


Sがシスターワンピースを着用した感想です。
私は身長が162cmありますので、ミディアム丈だと膝に掛かるぐらいです。
このワンピースはカジュアルダウンが想像できなかったので、
私はお出かけ着として考えています。

ロリィタのお友達とのお出かけにはパニエを入れて、
可愛らしいジャケットやコート、ケープを合わせます。
髪も華やかに結って、胸元にコサージュや大きなネックレスを合わせれば
ボンネットも合わせられると思います。
個人的にはオーバル型のブローチをフロントに合わせようと考えています。

ロング丈は同じデザインでも印象が変り
こちらは薄手のパニエやペチコートを合わせるくらいで、
広がらせずに着用する事を考えています。

コーディネートはミディアムと同じように考えていますが、
ブーツがベルトのついたものだと裾を引っ掛けてしまいそうなので、
あわせる時は気をつけようと思いました。
また、階段を行き来する際に裾を持たなければいけないので、
活動的な場面には着ていかないと思います。

足元はパンプス、ストラップシューズ、ブーツと合わせやすそうで、
気候によってタイツの種類を変えます。

スカートの丈をミディアムかロングで迷いますが、
ロング丈が好きなので、冬場の温かさも期待してこちらを選ぶつもりです。

ベアトリーチェジャンパースカート15'-16' A/W

こんにちは。スタッフのSでございます。
週末には雨が上がると聞いて喜んでおります。

ベアトリーチェ15'-16' A/Wシリーズのジャンパースカートのご紹介をさせていただきます。

シンプルながら美しいラインを大切にしたベアトリーチェシリーズは、
合わせていただくアイテムによって表情豊かに雰囲気を変えるデザインが特徴です。



着用例は白いブラウスにお揃いのリボンベレーを合わせ、
シンプルで清楚な雰囲気のコーディネートとなっております。



こちらは女性らしいレースのブラウスとレースのペチコートを合わた、
華やかな印象のコーディネート。
ブラウスを合わせたフェミニンなコーディネートはもちろん、
寒い季節はハイネックやタートルのニットを合わせたコーディネートもステキ。
大ぶりのネックレスや指輪など、
アクセサリーを生かしたコーディネートがお好きな方にもJSKはおススメです。
シンプルで美しいシルエットがアクセサリーを引き立ててくれます。



お揃いのリボンベレーは張りのある素材ですので、
安全ピンでのリボンのつけはずしが可能となっており、
リボンの場所やボリュームを変えてお使いいただけます。
シーンに合わせてシンプルにも可愛らしくも表情が変えられるアイテムでございます。

お色は肌写りの良いスモーキーサックス、女性らしさを感じさせる華やかなワイン、
お召しになる方の魅力を引き立てるニュートラルなブラックの3色をご用意いたしております。

ご予約期間:8月27日〜9月5日(土)A.M.10:00
お届け時期:10月中旬〜11月中旬予定

ドレスご予約ページhttp://rosabianca.shop-pro.jp/?pid=93007080
お帽子ご予約ページhttp://rosabianca.shop-pro.jp/?pid=93007107
 

ベアトリーチェワンピース15'-16' A/W

こんにちは、スタッフのSでございます。

街角にオレンジ色の笑顔が増えてきました、
10月のハロウィンもにぎやかで大好きですが、
9月27日の中秋の名月をとても楽しみにしております。

アトリエではラックにかけられた秋冬生地の洋服が暖かな雰囲気に彩っています。

今日はベアトリーチェワンピース15'-16' A/Wを紹介いたします。
定番のこのシリーズ、今期の生地は張りのある表情豊かな材質です。
シンプルな丸いラインが鎖骨を美しく見せるデザインとなっております。
カジュアルにもシックにも合わせやすく、
コーディネート次第で活躍の場の多い一枚になるのではと考えております。



張りのある生地が袖の脹らみを程よく演出してくれます。



カフスのボタンはアンティークな風合いのものを選びました。



裾のブレードは手縫いでつけています。
ブレードの脹らみを大切に、美しい風合いを生かしています。
手縫いでブレードをつけると硬くならず、ふんわり柔らかく仕上がるのですよ。
ボタン&ブレードはブラックにはブラック、スモーキーサックスにはオフを使用します。



こちらの着用例は、ブラウスとペチコートを合わせボリュームを出しました。
モデル身長は162cmです。



こちらの着用例はペチコートを合わせシンプルに。
コーディネートで表情の変る一枚です。



お揃いの生地のリボンベレーはリボンの取り外しが可能となっており、
シンプルにも可愛らしくもお使いいただけます。

お色は肌写りの良いスモーキーサックス、女性らしさを感じさせる華やかなワイン、
お召しになる方の魅力を引き立てるニュートラルなブラックの3色をご用意いたしております。


ご予約期間:8月27日〜9月5日(土)A.M.10:00
お届け時期:10月中旬〜11月中旬予定

ドレスご予約ページhttp://rosabianca.shop-pro.jp/?pid=93007062
お帽子ご予約ページhttp://rosabianca.shop-pro.jp/?pid=93007107

 1/2PAGES >>


PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ROSA BIANCA サイト

ご注文はウェブショップ
またはFAX、お電話にて承ります。
FAX&TEL 06-4963-9333

Blog Info

“ROSA BIANCA”は大人のための
ロリータファッションブランド。
着る人をより美しくエレガントに、
大人の女性のための少女服を
提案します。

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ クラシカル系へ
にほんブログ村 ファッションブログ ロリータ系へ
にほんブログ村 ファッションブログ 甘ロリ系へ
にほんブログ村

New Entries

categories

Archives

Official Site

search this site.

mobile

qrcode